花畑と空

何かと話題の格安航空券。格安、が意味するところとは

更新情報

格安航空券が意味するところ

昨今、何かと話題になっている格安航空券という言葉があります。
意味合い的には、普通の航空券よりも安いんだろうなということは想像出来るかと思いますが、実態はただ安いだけというわけではないんですね。
格安航空券とはどのようなものを示すのか、ということを解説していきましょう。

航空券が安いということが格安航空チケットではない

青淵の航空券
格安で購入出来る航空券、安い航空券ならば全部これなのかというとそういうわけではないんですね。
実際、大雑把にそんな呼び名で総称するケースもないことはないですが、正しい意味でも格安航空チケットがこれというわけではないんです。
航空券の、正規運賃に比較して安い物と言えば正規割引運賃、PEX航空券という割引されたものを購入できるような航空券もあるんですね。
これらは、厳密には格安航空チケットとは別の物なんです。
他にもジェットスターやスカイマーク、エアドゥを始めとしたLCCの航空券は大手航空会社の航空券と比較してみたら大幅に安くなるので、それは値段でみれば格安ですよね、となれば格安航空チケットになるのか、というとこれもまた違います。
格安航空チケット、という言葉が指すのは旅行代理店で販売している、バラ売りされたツアー用に安く卸された航空券を旅行代理店が各々で値段を設定して販売している航空券のことなんです。

旅行代理店が取り扱う格安航空チケット

航空券の値段、というのは航空会社が各々勝手に決めていいものではなく日本の政府内で規定された、物になっているんですね。
航空会社側で、勝手に航空券の値段を変えてはいけないのですが旅行代理店はその規定に当てはまらないため、需要に合わせて正規運賃より安く売り出す事が出来ます。
なので、格安航空チケット、というのはこれを示している物でありそれ以外は正確には格安航空チケットとは別物なんですね。
格安航空チケット、という言葉が示す正確な定義を理解しておかないと実際購入するときに誤解が生じることもありますので覚えておくといいでしょう。

格安航空チケットが一番安い?

航空チケット、というのは全般的に非常に値段が変動しやすい水物なので絶対にこれが安い、とは言えません。
取り扱う旅行代理店にもよるし、路線や航空会社によっても値段は大きく変わりますからね。
なので、その都度自分が利用する航空路線や時期などを鑑みた上で値段の相場などを調べて自分で判断しなくてはいけません。
とは言え、格安航空チケットはかなり安い部類なのでお得であることは間違いないです。

▲PAGE TOP

Copyright(C)2017何かと話題の格安航空券。格安、が意味するところとはAll Rights Reserved.